スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

湯島天神梅祭り

湯島天神へ梅を見に行きました。
2月8日~3月8日まで梅祭りが開催中だったようで、屋台も梅も賑わいを見せていました。


湯島天神梅まつり
湯島天神梅まつり posted by (C)渡り鳥s
GX14-42


湯島の白梅(1)
湯島の白梅(1) posted by (C)渡り鳥s
GX14-42


女坂の上から。
次の二枚は参集殿前の梅園にて撮影。


湯島の白梅(2)
湯島の白梅(2) posted by (C)渡り鳥s
GX14-42


後梅
後梅 posted by (C)渡り鳥s
MZD45mmF1.8


あいにくの曇り空のため、白梅と空の色がどっかぶりしている気がしますが気にしないことにします。
学問の神様を奉っている神社ということもあり、合格祈願の絵馬が沢山ありました。中にはこんな絵馬も。


願いは桜色へ
願いは桜色へ posted by (C)渡り鳥s
GX14-42


御礼詣りの「だるま絵馬」。この方は合格されたようです。


撫で牛
撫で牛 posted by (C)渡り鳥s
GX14-42、モノクロ処理、トリミング


天神さまと牛
天神さまと牛 posted by (C)渡り鳥s
MZD45mmF1.8


湯島天満宮では手水舎の両脇に牛が祀られています。
牛は天神さんのお使いだとか。
道真公と牛にまつわるエピソードがいくつかあるようで、それが由来となっているのでしょうか。
撫で牛にはお賽銭がおいてあるので、撫でたら御利益あったかも。
下の牛さんは、境内の梅園奥にある唐門の扉を守っていました。


男坂二面(上)
男坂二面(上) posted by (C)渡り鳥s
G20mmF1.7


女坂もある
女坂もある posted by (C)渡り鳥s
G20mmF1.7


寺社は大抵、階段を上った周囲より小高い場所にあります。
そこに向かうまでの坂の勾配によって、「男坂」「女坂」と区別して呼ばれるようです。
急な坂が男坂、緩やかな坂が女坂という具合。
湯島天神の階段からもその様子がうかがえますね。


祈りをさいせんに
祈りをさいせんに posted by (C)渡り鳥s
G20mmF1.7


男坂を下るとそこには震災の復興地蔵尊が。
もうすぐ2年になるのですね。

関連記事

テーマ : お散歩写真
ジャンル : 写真

tag : GF5,GX14-42,MZD45mmF1.8,G20mmF1.7,

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

渡り鳥s

Author:渡り鳥s
マイクロフォーサーズ(LUMIX DMC-GF5・OLYMPUS PEN E-P5・LUMIX DMC-GX7)ほかで写真撮影の日々。
写真はフォト蔵にて公開中のものをリンクする形で表示しております。

【使用カメラ】
<マイクロフォーサーズ>
・LUMIX DMC-GF5
・OLYMPUS PEN E-P5
・LUMIX DMC-GX7

<使用レンズ>
・LUMIX GX 14-42mm
・LUMIX GX 45-175mm
・LUMIX G 20mmF1.7
・M.ZUIKO DIGITAL 17mmF1.8
・M.ZUIKO DIGITAL 45mmF1.8

<コンパクトデジカメ>
・LUMIX DMC-TZ30
・COOLPIX P330
・COOLPIX S620

【公開アルバム】
http://photozou.jp/photo/top/2841311
より大きな写真もこちらで公開中。
フォト蔵の仕様変更によりオリジナルサイズでは表示されない写真がございます。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

フォト蔵公開アルバム
最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
カメラとレンズでタグ検索

最新コメント
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。